忍者ブログ

ドラゴン日記

2/15 オープン

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バーコード

カウンター

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SONIC新年会☆2016☆

1月の連休は、まず土曜日は電動車椅子サッカーの新年会がありました。

それに行くのか迷いました。どうしてかというと、咳が止まらなく2時間ぐらい
しか寝られなかったからです。金曜日に病院で薬を貰ったのですが、薬がなかなか
効かず悩みました。気持ちだけは行きたいと思い、行くことにしました。


新年会の会場はシダックス山科店でした。咳がひどく、美味しそうな料理が
でてきたけど全く食べられませんでした。マンゴージュースだけは飲めました。
マンゴージュースだけでも飲むことができ良かったです。

途中で帰ろうかなとも思いましたが、気持ちだけは「まだ大丈夫!」と思い
最後まで残っていました。


時間が進み、あと
20分という頃、ビンゴゲームをするのを皆すっかり忘れて
いた事に気付き、「今からやろう!」という話になりました。しかし、ビンゴ
ゲームの機械とカードを持って来る人が忘れていて、こんなこともあるのかと
ビックリしました。

せっかく持て来た景品があるので、みんなで、「どうしてやろう」と、いうこと
になり相談した結果、コースターに
1人ずつの名前を書き、それを、ビニール袋に
入れ、順番に引いていく事になりました。
が、僕の名前はなかなか引かれませんでした。結局、
1番最後まで誰にも引いて
もらえませんでした。

最後の景品はかなり大きな袋に入っていました。

その場で開けてみると、スターウォーズのモコモコのトートバックとハンカチでした。

トートバックはかなり大きく、買い物袋に丁度良いと心の中で思いました。

最後に恒例の、「この一年の目標」を言わないといけなかったのですが、咳が
あまりにもひどくて、トーキングエイドを打つ気力がなく、今回はパスしました。

その後、全員で記念写真を撮って家に帰りました。

今回はしんどく、おいしい料理も全然食べられませんでしたが、ビンゴでけっこう
良い物も当たったし、楽しく過ごせたので良かったです。

PR

第18回バリアフリーダイビング全国大会 NO.1

6月25日に開催される第18回バリアフリーダイビング全国大会のお手伝い
をするため、前のりをして22日から30日にかけて、沖縄に行ってきました。


どうして前のりしたかと言いますと、
今年両親ともに完全退職し、少しでも
大会のお手伝いをしたいとの思いがあるらしく、日本バリアフリーダイビング
協会に問い合わせると、是非お願いしますとの返事だったからです。

僕自身は、早く行っても何をするか分からず、本当のところは25日から一人
で行きたかったけれど、色々考えた結果、一緒に行くことにしました。


22日、伊丹空港までの行程で、父親と意見が違いました。

僕は自動車で空港に行きたいと父に言ったのですが、今回は日にちが長いから
1週間も駐車場に停めたら、障害者割引にしても料金が高いし無理と言われました。

僕が出すと言っても聞き入れず、MKタクシーは?と提案したら、乗り合い
タクシーはリフトカーが無いために難しいと言われ、納得しました。

仕方なく父親の言うとおり、京阪と大阪モノレールで行くことにしました。

京阪中書島駅から門真駅まで、各停しか止まらず時間がかかるので自動車の
ほうが良かったのになぁと思いました。

そのコースは昔に行って遠かった思い出があって、今回もかと心の中で思いました。


伊丹空港に着いて手続きをしていたら、大会に行く方が来ました。

その方は僕の保育園時代の先生で、2年前にも一緒に行きました。


今回、
JALでしたので電動車イスの手続きが楽に済み、ANAと比べて時間が
かからなくて良かったです。

搭乗まで1時間もあり、喫茶店に行きました。

美味しいパンケーキを食べてから、電動車イスを預け、1階の所で空港の指定
した手動車イスに乗り換えて、搭乗乗り場へ向かいました。


14時過ぎに乗って、16時45分ごろ無事、那覇空港へ到着しました。

いつもでしたら、ダイビングショップの方が空港に迎えに来てたけど
今回は大会前でリフトカーの車の手配が難しいとショップの方から連絡が
あったので、仕方なくゆいレールに乗ってホテルまで行きました。


車内で、母親の携帯にショップの方から電話がかかってきて、「今どこに
いますか?空港に迎えに来たのですが。」と言われたので「えー?マジでか?」
と思いました。

「ゆいレールに乗ったとこです、すみません」と母親が答えました。

父親が空港で外を見ていたら、それらしい車があって「まさか迎えに来て
くれていたとは」と言っていました。

もうちょっと早く言って欲しかったと、心の中で思いました。


そうこうしているうちに、旭橋駅に着きそこから徒歩5分くらいで東横イン
那覇旭橋駅前に到着しました。


チェックインをしてから、晩ご飯をどこに食べに行こうかと話しました。

大会の時はいつもホテル内で、沖縄料理を食べていないねということで
ホテルの前にあったやんばるの家庭料理の「ばぁばの台所」という店に
車イスで入れるか、父が見に行ってくれました。

そこは店が2階にあり、行けませんでした。

仕方がないので近くを歩いていたら、「ちゅらさん亭」という居酒屋を
見つけ、そこに入ることにしました。

店内はとても良く、電動車イスでも入れる広さでした。


おすすめの料理を聞いて、色々頼みました。

店員さんにこの料理はなんですか?と聞くと、珍しい名前の魚でとても
美味しかったです。

お酒も入って、急にトイレに行きたくなり店員さんに広いトイレはありますか?
と聞いてみると、ありますとのことでこんな居酒屋に広いトイレがあるなんて
珍しいなぁと思いました。

2時間ぐらい飲んだり店の方と親との会話を聞いたりして、楽しい時間を
過ごしました。


今度またこの店に来ようと思いながら、ホテルに戻りました。


二日目に続く…

サンガ☆カップ☆

第二回電動車椅子サッカー・フレンドサンガカップが地元で開催されました。
昨年は準優勝で悔しい思いをしたので今年は優勝したいと心の中で
そう願いました。

その大会は
5チーム総当りの勝ち点差で優勝を決める試合でした。
しかも
20分間一本勝負で僕は三試合目ゴールキーパーで出場しました。


1、2
試合目、すべて勝って0点で守り切ったので、緊張してなんとか
ゴールを守りきろうと思ったのですが相手コートで試合が進み
あまりボールが来ませんでした。

1回程度危ないシーンがあったけれど守り切りました。

その試合には勝つことが出来ましたが次の試合が優勝を決める一番大事な
戦いです。

大会スケジュールがハードで、三試合目に勝利して喜ぶ暇もなく
優勝を決める
4試合目が始まりました。

僕はベンチで何とか勝ってくれ!と心の中で祈りましたが負けて
しまいました。
最初の
10分間いいペースで守っていました。
しかしながらフォーメーションが崩れてしまうこの場面で気持ちが
折れたみたいで優勝を
2年続けて逃しました。


その後京都サンガのメンバー
2名がサプライズゲストで来てくれて
30分間交流しました。
サンガのメンバーを最初のうちは誰やろうと思いましたが段々と
思い出しました。


何グループかに分かれてパス交換とかをしました。
上手にサンガの選手の方にパスを返すことが出来るかドキドキしました。
でもうまく返してホッとしました。


そういう楽しい時間が終わり閉会式終了後にサイン会が行なわれました。
何にサインをもらおうか考えた結果シャツにしてもらうことにしました。


今回の試合はあとちょっとで優勝を逃しましたが第三回の大会は優勝を
狙って練習していきたいです。

第20回日本電動車椅子サッカー選手権大会 完

2日目は815分にホテルの入口に集合だったのにすっかり寝坊して
急いで朝ごはんを食べました。
洗面をしたかったけど出来ないままホテルのロビーで待つことにしました。
親だけ部屋に戻ってユニフォームや必要な物を取りに行きました。


集合になり個人個人の車に乗り込み会場に向いました。
10
分で着き、そのまま控え場所に行きました。そこに全国から18チームが
集まりました。

ほぼお馴染みの顔ぶれで、よろしくお願いしますと挨拶しました。


その後、ユニフォームに着替えて僕が先頭になって開会式に参加しました。


その後ソニックの試合は昼からでしたので対戦チームの試合をみんなで
観戦しました。

リーグ戦は今回初の勝利制となり、3チームが総当りになって勝ち点に
よってトーナメントへ進出出来るかが決まります。

僕のチームは運悪く強豪チーム2チームと当たってしまい厳しい戦いに
なりそうだなと思いました。


13
時に集合だったので軽めの食事をとった後で試合に挑みました。

1試合目になんと…!!近畿大会で戦ったNanchester united鹿児島が
相手でした。

前回はボロボロに負け悔しい思いをしたから今回こそはチーム一丸となって
何とか勝とうと思いました。

僕はスタメンには選ばれずベンチスタートになりました。


ソニックの悪い癖が出てしまい試合は前半だけで
6点を入れられる程、
相手のペースになり全然歯が立ちませんでした。
いつもそうなのです。

しかし後半の終了間際に監督からの交代の指示があり突然の事で
ビックリしたが、ゴールキーパーとして出場しました。

その試合に出るとは思わず少し焦りましたが出場できて良かったです。


結果はあえて書きませんが近畿大会と同じ点数です。

次の試合に望みをかけて行きましょうとみんなで話し合いました。


次の試合は
17時からでしたので風に当たり外に出ました。
ふと甘い食べ物が欲しくなったので近くのコンビニに向いました。
気分がスッキリしたところで試合会場に戻りました。


次の試合は金沢ベストブラザーズとの戦いです。
強い気持ちで戦いましたが負けてしまいました。
僕はベンチで
1点取ってくれと願っていましたが、1点も取れず試合は
終わってしまいました。


次の日のトーナメントには出られませんでした。

全国大会で一度も勝ったことがないから、いつかは勝ちたいと思います。


次の日は一日トーナメンを見て僕なりにどうしたら一勝出来るか
研究しました。まだまだ僕のチームは気持ちの面で弱いと思いました。
これから弱点を少しずつ克服しながら次の試合に挑んでいきたと思います。

第20回日本電動車椅子サッカー選手権大会①

1018日~19日.石川県金沢市で開催された。

電動車椅子サッカー選手権大会に出場しました。

私の家族はせっかく金沢まで行くのなら

前日から行こうということになりました。

14時に着いて親とどこかに行こうかと相談した結果、ちょうど去年に

岡山の後楽園に行き良いところだったので親の提案で兼六園に行くことに

なりました。

駐車場から入口に行く道がかなり急な坂で手動の車椅子だとしんどいと感じました。


1
時間くらい兼六園を見て回り、良い景色は親に写真を撮ってもらいました。

休憩所があり、そこに美味しそうな団子があったので食べました。

あとは観ていない部分を散策してからホテルに向いました。


前にも泊まったことがあるテルメ金沢に着きました。

このホテルは温泉の入浴施設が併設されており、僕も入りたかったけど

シャワーチェアがあるかわからなかったので入れませんでした。


仕方なく部屋の狭いお風呂に入り、その後ベッドで休憩した後食事に行きました。

ホテル内にある二ヶ所の内うちの和食レストランに行ったのですが

テーブルがボックス席しか空いていなかったのですが、椅子に座りたかったけど

親の体力を考え電動車椅子で食べることにしました。


僕が入口にいたので邪魔になりながらも色々注文をとってもらい食べ物が来ると

体を横にして頭の上を食べ物が通って配膳されました。

たくさんお酒を飲んでいい気分になったので、早めに寝ることにしました。

 

2日目に続く!!