忍者ブログ

ドラゴン日記

2/15 オープン

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バーコード

カウンター

[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TEMPURA KIDZ ワンマンライブ

4月5日にTEMPURA KIDZの初ワンマンライブがあり
それにどうしても行きたくてチケットを買いました。

公演する場所はキャパがせまいから車いすが入れるか心配になって
TEMPURA KIDZのオフィシャルホームページに
載っていたメールアドレスに問い合わせることにしました。

内容は、「僕は会話が難しいので代わりにキョードー大阪に
車いすが入れるか確認して下さい。」というものでした。

今までそのような連絡をしたことがなかったので、
ほんまに返事をもらえるか不安でしたが、3日ぐらいで返事がきました。
そしたら連絡を取り合ってくれたみたいでよかったです。

やはりキャパはせまいのでスピーカーの前で段差を作ってくれるとのことでした。
僕はそこは嫌だと思い、またメールしました。
どうしてそこが嫌かというと、音にびっくりするからです。
僕がある所を提案しました。
 
PA横に板を置いて10cm程の段差をつけて欲しいと言いました。
そしたら参考にしますと言われました。
僕の意見が通ったらいいのですが、当日にならないとわかりません。

東京、名古屋公演が先にあり、その模様はTEMPURA KIDZの
ブログにあがっているものを読んで、あの所に行くと思ったらワクワクします。
行った感想を書くので楽しみにして下さい。

PR

薄桜記鑑賞

 ある日、突然母からメールがあり、前進座の「薄桜記」という公演を
見にいきませんか?と聞かれました。

 どんなお芝居か聞いて、少し興味がありその日の夕方に行くと返事をしました。

 
 そのチケットは、母のお姉さんからもらったもので、前進座の関係者です。
毎年南座で行われる初春公演に行っていることもあり、今回も声をかけてもらいました。

 
 当日を迎えて国立文楽劇場に向かいました。その場所はだいぶ前にトイレを
借りた所だと両親に話すと「どこでも出没するなあ」と言われました。

 
 昼の部でしたので、九時半に家を出て京阪と堺筋線に乗り日本橋駅で降りました。
昼ご飯をどこで買っていこうかと思っていたけどなかなかなく、
いいお店が見つからないまま着いてしまいました。
中に入ると、お弁当売り場もあったのですが、もう売り切れていたので
仕方なく父親がコンビニに買いに行きました。
 
 僕と母は、ホールの中に入りました。劇場への入口は、階段かエスカレーター
しか見えません。どこにエレベーターがあるんだろうと探していると警備員が
来て教えてくれました。
乗る人が来た時だけ鍵で動かしてくれるエレベーターで警備員と一緒に乗り、
二階に上がるとスタッフが待っていて席まで案内してくれました。
一般の席に座るか、車いすスペースに行くか悩みました。
チケットの席が真ん中だったのでしかたなく車いすスペースに行きました。
通路側の席だったら座れたのに残念でした。車いすスペースは後ろの端で、
一人だったらあれこれ困るので父親がスタッフに横の席が空いているか聞きました。
しばらくして、一人分なら空いているということで父が横に座り、
母は前の方の席に座りました。

 
 開演しました。あらかじめ芝居の内容を聞いていたけど難しくて頭の中に
入りませんでした。でも、舞台装置や舞台演出はシーンによる変化が
素晴らしく「すごいなあ」と心の中で思いました。
 
 途中15分の休憩があり、ロビーでお弁当を食べました。
時間が短くお弁当を食べるだけで精一杯でした。第2部はクライマックスなのに、
おなかが一杯になったのと会場のあたたかさが丁度いいぐあいでついつい居眠りを
してしまい、途中を見逃してしまいました。が、きれいなラストシーンはしっかり
見られてよかったです。
 
 今回の演目は僕にとってかなり難しい内容でしたが、きれいな舞台演出が見られて
よかったです。めったに行けない国立文楽劇場の中に入れていい経験になりました。

 
 帰りの交通手段は父親と意見が分かれてしまいました。
行く時降りた京阪北浜の方が便利なのに、父親は淀屋橋がいいと言ってきました。
北浜はエスカレーターしかないから、いちいち駅員さんに逆回転してもらうよう
頼まないといけないし、しかも駅員さんが一人しかいない駅なので時間が
かかるからだと言うことでした。
僕はよく利用しているから大丈夫です。と言ったのにもかかわらず淀屋橋に行く
ことになりました。

 堺筋線の北浜を降りたら地下通路で繋がっていることを知らなかったので
びっくりしました。このことが知れたのは良かったけれど僕は北浜駅を
利用しないで淀屋橋まで行くという父親の意見はおかしいと思いました。
駅員さんに「迷惑や」と言ったけど、「勉強してもらわなあかん」と思うし、
「必要な人がいるんやということを知ってもらわなあかん、
これは遠慮することじゃない」と思ったからです。

言語障害があってその場ですぐ思ったことが言えないのは悔しいです。

電動車椅子サッカー選手権大会 完結編

前回の続きを書きます。

一日目は残念ながら一回戦で敗退したので二日目はゆっくりめにホテルを出て
桃太郎アリーナに行きました。


二週間前から中高の親友と連絡取り合って全国大会が岡山で行われますと知らせました。

実はその親友は10年前に岡山に引越して現在岡山で暮らしているので

もし、SONICの試合に見に来れるなら来て下さいと言ったけど
用事があって来れなかったようです。


でも二日目なら来れると言われたので会うことにしました。

準決勝の終了後に桃太郎アリーナの前の道で待ち合わせして
ごはんを食べに行きました。


この時雨が降ってて、どこに食べに行くか悩みました。

周りを見回したらレストランがあったのでそこに行くことにしました。

天気が悪い日だったけどレストランに入るまでなんとかもってよかったです。

それで友達となつかしいこと、今現在のことなど色々話しました。

自分は狭い団地に暮らしているのに友達は家を改良して暮らしていると聞いて
うらやましく思いました。


2
時間程楽しい時間を過ごし出ると雨が降っていたので
急いで桃太郎アリーナに戻りました。

もしもいい天気だったら買い物に友達と行きたかったけど
雨が降っていたので仕方なく一緒に決勝戦を見ました。


ものすごく白熱した試合で見ていて興奮しました。

優勝がPK戦にもつれ込みYokohamaCrockersが優勝しました。


試合終了後、友達と分かれて京都に帰ることにしました。

兵庫県付近から混み始めました。

助手席に座っていたら突然前の自動車から人が降りてきてこっちに歩いてきて
車に当たってないかどなりにきました。

ちゃんと間隔を取っていたのに怖かったです。

でも話をするとすぐに戻って行きました。


色んなことをして充実した二日間を過ごして終わりました。

今年初ライブ♪

11月30日(木)この日19時半にサカナクションのライブがありました。


朝から雨が降っていて、家をゆっくり出たらよかったけど
昼にどうしても大阪の難波に用事があり、午前から出かけました。

天気予報が雨だったので、前日に母親に駅まで送ってくれるよう
頼んでいたから助かりました。


10
時に六地蔵駅まで送ってもらい介助者と待ち合わせをする予定でしたが
バイクを置きに来られていたので家の前でばったり会いました。

なので一緒に車に乗って行きました。


大阪に向う時なんとか外に出る時だけ止まないかなと心の中で思いました。

なんばウォーク内の食堂で食事をしました。

が、あまり食べられませんでした。

なぜなら咳が止まらなかったからです。


その後地上に上がると雨が止んでいました。

さっきまで降っていて地面がぬれていて、僕はとても運がいいな!と思いました。


そして
3時間程用事をすませると雨が少し降りだしていたので
急いでなんばウォークに入りました。


Zepp
なんば大阪までどうやって行こうかなーって考えました。

いい天気なら日本橋から徒歩で行こうと思っていましたが
天気があやしかったので難波からひと駅乗って行きました。


ライブの時間は何時だったかなとチケットを見たら
19時半開演で
二時間くらい時間があったのでどうしようと考えていました。

とりあえず天一でヘルシーラーメンをおいしく食べました。


その後ようやく雨が上がり、傘をささなくてもよくなってホッとしました。

だって自分で傘を持ったら電動車椅子の運転に支障があり
うまく走れないからです。


まだまだ開演まで時間がありなんばパークの周りどんな店があるか
ゆっくり見て回っているとダンス教室があったので外から少し見ているうちに
 

時間になったので会場に向かいました。


会場の前ではたくさんのお客さんが整理番号順に並んでいたが
僕らは車椅子なので先に待っていた車椅子の方と一緒に並びました。

その間寒いなって心の中で思いつつスタッフがお客さんを整理しているのを
見ていました。


20
分してようやく開場になり速攻にお手洗いに向かいました。

その後ドリンク券と飲みものを引き換えて車椅子スペースに移動しました。

始まる前に今回のライブはどんな感じか考えるとワクワクします。


しばらくして一般の方が車椅子スペースに来てなんでここにいるの?
と思いつつもチラ見したら服やズボンに関係者のシールが貼ってあって
ようやくわかりました。


いざライブが始まるとお客さんの盛り上がる様子を感じて
僕も一緒に盛り上がりました。

昔の曲から最近の曲まで色々歌いました。

特にダンス用の曲は僕も知っていて体を動かしたり声を出したり
最高に盛り上がりました。


車椅子スペースにいたお客さんのダンスはすごい踊り方で
まるでクラブにいる様な気分になりました。


しばらくしたらステージにスクリーンが出てきて水のアートが流れて
曲に合わせて水が動きました。

それの名前をMCで言っていましたが覚えられませんでした。

録画かと思ったら実際にやっていてびっくりしました。

僕はそのアートをやってみたいと思いましたがかなり難しそうに見えました。


ふと時計を見たら
21時すぎであとの介助者の関係もあるので
遅くなると困るなと思いながら最後まで見ていました。


結局
2215分に終了し急いで帰りたかったのに出口付近で混雑していて
どうなっているのかなと思いながら少し進むと、ビラを一人ずつ
受け取っていたのが見え出るまでに時間がかかりました。

珍らしい光景でした。

僕が行く時はいつも出口で配られるのが多いのに今回は外だったので不思議でした。

だからそんなことがあるのかとびっくりしました。

それがなかったら早く帰れたかもしれないのに…


途中で
23時に来る介助者に30分遅れると連絡しました。

電動車椅子の充電があともう少しでなくなるというハプニングもありつつも
無事に帰宅できました。

ただ30分以上遅れてしまいました。

まさか2215分までライブがあると思ってたけどちゃんと計画しとけば
介助者に迷惑かけずにすんだのにと思いました。

長い一日でしたが楽しいライブが見れてよかったです。

年末年始のこと

明けましておめでとうございます。

本年もドラゴン日記をご愛読下さいますようよろしくお願いします。

昨年末に全国大会の二日目のことをアップできなかったため
楽しみにして下さった方申し訳ありませんでした。
でも年末年始のことを先に書きます。


30
日、仕事が終わって実家に戻ることなく入浴の日だったので
自分の家に帰りました。


21
時頃に親が迎えに来ました。
一週間程実家に帰るので冷蔵庫の整理をしたり
思いついたりしたことをして家を出ました。

もう弟の家族が来ていて、僕が着いた時、甥っ子が入浴の最中
だったので早く顔を見たいなと心の中で思っていました。

リビングに行くと、やけに暑いなと思いました。
そしたらガンガンに暖房がついていました。
いつもそんなに暖房が入っていないのに孫が来る時だけやなあと思いました。

そう思った所に甥っ子がお風呂から上がってきました。
僕の顔を見ると初めて見る顔やと一瞬動きが止まりました。
母親から、あらかじめ人見知りすると聞いていたのですが…。


甥っ子も徐々に慣れてきて僕の所に近づいて
おもちゃの車を渡してくれました。
もう遅いので次の日に遊ぼうと考えて寝床につきました。


次の日は昼まで寝て、それからどこか行くこともなく甥っ子と共に
絵を描いたり色々したりしました。
その間、親は、みんなのおせち作りをしていました。


僕が小さい時に遊んだ車のおもちゃと絵遊びで遊びました。
僕が小さい頃に車で遊んだかどうかは覚えていないけど
ずっとおもちゃが残してあったことに驚きました。
甥っ子は半年前に比べて物を投げたりしなくなって
かなり成長したなと感じました。

その日は紅白を見て、いつもだったら年越しそばを食べるのですが、
弟夫婦が先に寝てしまい今回はみんな食べずに年を越しました。
僕は「ゆく年くる年」を観てから寝ました。


新しい年になりました。新年らしく気持ちの良い天気になりました。

みんなが起きてきてテーブルにつき、家族揃っておとそを
年上の人から順番にいただきました。

昼から家の近くの神社に初詣に行きました。
甥っ子たちは電車の線路沿いに歩いて行ったけれど、
僕と父親は段差の少ない場所を選んで歩いて行きました。

到着した時、行列が出来ていて、しばらく並んだ後にスロープへ
先回りして、そこに焚き火があったので暖まりながら待っていました。
しばらくしたら、みんなと合流して一緒にお参りに行きました。
そこは階段の上にあり僕だけ下でお参りしました。

その後、くじ引きを甥っ子が引き残念ながらキャラメル一箱でした。
記念写真を撮ってから帰りました。甥っ子たちは電車を見ていたらしく
ゆっくり帰ってきました。

僕の実家は、すぐ近くに京阪と
JRが通っているので
通るたびに、甥っ子は喜びはしゃいでいました。

夕方までスポーツ番組を見て過ごしました。
晩ご飯の時間になり甥っ子がお昼寝をしないで、
ずっと走りまわっていたからか急にコックリコックリ居眠りした姿を見て
可愛いなと思いました。
そのまま布団に連れて行き静かに朝まで寝ていました。
弟が次の日に帰るので帰る準備をして早めに、お布団に入りました。


二日、朝から起きて送る準備をしようとしたら
箱根駅伝がテレビでしていて弟が見出しました。
すると奥さんに、混むから早く行こうと言われて仕方なく帰って行きました。


いなくなると、なんだか寂しくて家が広く感じました。
横浜に着いたら連絡してと伝えたのに
21時になっても何の連絡もなく
遅いなと心配していた頃、ようやく
23時頃に無事に着いたと連絡がありました。
混んでいたらしく予定より遅くなったようです。

そんな感じで、特に大きなイベントもない年末年始でした。